結婚相談所比較をして結婚後の義母との距離感

現代の結婚は、本人同士の同意によってされることが多く、個人と個人の結びつきの側面が強くなってきましたが、それでもやはり、お互いの実家との結びつき、影響は避けられないものです。
私が夫の両親と会ったのは、婚約前の顔合わせが初めてで、夫の両親がどのような人たちか知りませんでした。
なぜならば結婚相談所 比較をして射止めた旦那さんだからです。け
義母はかなりワガママで、自分の意見を押し通すタイプ。義父は仕事一本で大人しいタイプです。結婚大変。
その雰囲気は私の祖父母夫婦と似ており、特にワガママな義母の言動は祖母のそれとソックリなので、対応は慣れっこだと思っていました。一番は「聞き流す」ことが大事!だと知っているのです。
しかし、私が子供を妊娠してからというもの、義母の主張が強くなりました。
妊娠報告の際にいきなり「私は教育ババになるよ!たくさん習い事をさせるから!」と言い出し、会う度にスイミングだ幼児教育だと話を持ちだされました。
孫を楽しみな気持ちは分かりますが、まだ子供が生まれてもないのにそんな話されても…教育については私たち夫婦で考えたいと思っていた私には、正直迷惑でした。
そんな時夫はというと、ただ黙って聞いているだけ。
真面目な私は、嫁として義母に従わなければならないのかな?と思ってみたり、でも黙っていたら子育てについて大事なことは全部義母の意思で決まってしまいそうで、恐ろしく思ったり。妊娠中の体調不良と相まって、義母のことでかなり心が不安定になりました。
思いきって夫に、教育方針については夫婦で考えたいと思っていること、義母の気持ちも分かるけど、あれこれ言われるとプレッシャーになることを話しました。
夫は理解を示してくれたものの、「母親の言うことは聞き流せ」と言われました。
祖母の言うことは、経験上ある程度聞き流せるのですが、同じタイプとはいえ、義母に対してはあくまで嫁の立場の私は、義母の言うことは全てまともに受け止めてしまっていました。
そこで、義母の喋りを振り返ると大体が思いつきでの発言だと気付きました。
重要なことは改まった感じで話すので、改まって言われたことについては真剣に考えよう、軽いお喋りでの話は聞き流そう!と決めました。
その次に義母に会った時にもまた教育についての話が出たのですが、夫が「子供の教育については自分たちで考える、もし何かお願いすることがあれば、こちらから話す」という旨を言ってくれたので、それからはあまりその話が出なくなりました。
今は子供も無事産まれ、私は子育てに奮闘する日々です。
義母は相変わらず、思いつきで色んな話を振ってきますが、ある程度は聞き流し、大事な話は真剣に考えることで、いい距離を保てている気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です